ウィズコーチ

今すぐ無料相談

学校のペースに遅れている人が巻き返す方法

逆転合格ウィズコーチ塾長のみっきーです!

今回は学校のペースに遅れていて焦っているあなたに向けて、具体的な巻き返し方をお伝えします!

文系科目の巻き返し方:大体をとらえる

ペースが遅れてしまっている場合、文系科目と理系科目でやるべきことが変わってきます。
まずは文系科目。やるべきことは「とりあえず全範囲をだいたいで理解する」ということです。(英語は除く)
特に社会科目は覚えることも多いので、1から全部やっていくのは非効率的です。
とりあえず重要な出来事だけピックアップして、大きな流れをとらえる。その後、重要な出来事に付随する各知識を見ていく。
こうすることで、とりあえず今の範囲まで追いつきつつ、細かな知識を取り戻していくことができるようになります。

理系科目の巻き返し方:急がば回れ

続いて理系科目。
理系科目もある程度全体像をつかむことは大切ですが、最重要なのは「理解できていないところまで戻る」ことです。
理系科目は積み上げが特に大切な分野です。土台がない状態でいくら新しい知識をインプットしたところで、応用の利かない付け焼き刃的なものにしかなりません。たとえそれが何年前の範囲でも、そこまで戻って勉強していきましょう!

まだまだ諦める段階ではない

今学校のペースに遅れているからと言って、諦めるのは早いです。
今回お伝えした勉強法は、応急処置ではありますが最も早く「とりあえずできる」状態にするものです。
実は、「とりあえずできる」状態にするのはそこまで大変ではありません。
いったんその状態に持って行って、過去問演習などを通して洗練させていくという方針をとれば、周りに追いつくことは想像より難しくありません。
合格から最も遠いのは「諦めること」です。
合格したいなら最後まであきらめないでやり切りましょう!

ウィズコーチでは、公式LINEの無料相談にて学習計画を立てるお手伝いをしています。自分一人では計画を立てるのが難しいという方は、ぜひコチラの公式LINEからお申し込みください!

オススメの投稿
最新の投稿
上部へスクロール